【認定NPO法人たすけあい佐賀】困った時はお互い様 なんでもお気軽にご相談ください

会員・寄付・ボランティア

〜ご寄付のお願い〜

たすけあい佐賀は1994年5月に発足して「困ったときはお互い様」をモットーにこつこつと歩んでまいりました。今日も娘さんを預かってもらって助かりましたと10年前のエピソードを話してくださる方がおられました。こうやってどこかでつながっていると思うと小さな歩みでも大きな力を発揮していたのだなと自負しています。

福祉を取り巻く環境が今年の介護保険改正で大きく変わります。宅老所を運営していくことの困難さをひしひしと感じつつ「ながせ」の閉所、大野原・絆も新規事業が完成した暁には閉所予定です。

残った4か所の宅老所を守るために複合型の施設を創ろうと1年間新規事業委員会で話し合いを重ねました。建築士さんを交えて話し合いやっと設計図が出来上がりました。場所は佐賀市の西部嘉瀬町の800坪の土地に住宅型有料老人ホーム(20室)デイサービスセンター(25人)カフェ・足湯・中庭などを備えた平屋で木の建物です。一部2階建で2階には事務室(ケアマネ・ヘルパー・相談室)支えあいセンター(78席の会議室)子育て支援室など総工費(土地代込)は2億3千万円、来年4月1日開所予定です。まず銀行の融資が決まるまでが登山に例えると5合目でした。きつい山を登り建設が始まります。胸突き八丁を息を吐きながら登って8合目が施設の完成です。施設運営をいかに成功させるかがさいごののぼりです。今準備中ですが職員一丸となって地域に開かれたたすけあい佐賀ならではの運営をしていきたいと思います。

「地域共生ステーションたすけあい佐賀かせ」と命名しました。誰もが安心して過ごせる拠点となれるようさらにこの施設を地域の財産にしていくためにぜひ多くの方々のご協力をお願いいたします。

たすけあい佐賀は認定NPO法人として認定されました。これからも地域の助け合いを豊かにするまちづくりのために前進してまいります。

今後皆さまから寄せられる寄付金は、税制上の特例措置により寄付金控除・損金算入の対象となります。

寄付金控除のメリットは寄付者の方に寄付した金額の約半分が戻ってきます。また税金の使途を自ら決められ、地域の街づくりに積極的にサポートできます。

認定NPO法人たすけあい佐賀
代 表 西田 京子

◆認定NPO法人とは◆
認定NPO法人は、所轄庁(国又は県)が、NPO法人のうち、その運営組織及び事業活動が適正であって公益(社会全般の利益)の増進に資する法人であると認定した法人です。認定NPO法人制度は法人に寄付した人や法人の税金を優遇することで、寄付を集めやすくする制度です。

◆寄付された方が受けれるメリット◆

寄付の形 対象となる税金の種類 控除の内容
個人で寄付された場合 所得税
住民税
税額控除方式
・所得税…(寄付金-2,000円)×40%
・住民税…(寄付金-2,000円)×10%
 ※県民税4% 市民税6%

 

<振込口座のご案内>

【郵便振込】
01770-5-84578
NPOたすけあい佐賀

【銀行振込】 振 込 先 親和銀行 佐賀中央支店
口座番号 普通預金 3025104
口座名 特定非営利活動法人たすけあい佐賀 代表 西田 京子

 

◆お問い合わせ
認定NPO法人たすけあい佐賀
〒840-0861
佐賀県佐賀市嘉瀬町大字中原2516番地1
電話番号:0952-23-6950
FAX番号:0952-25-9773