本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGsの取り組み

NPO法人たすけあい佐賀は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」

よってこランド(子ども食堂)

よってこランド(子ども食堂)は、毎月1回開催しています。音楽や風船アートなどのイベントを取り入れ、地域の子どもたちに食事を提供しています。子どもたちに加えて、子育て世代のお母さんや高齢者の参加もあっています。
 また、よってこランドに食材や弁当などの寄贈をしてくださいました企業等の皆様には心より感謝しています。ありがとうございました。

ボランティア活動(地域清掃活動)

隔月の始業時間前に、約30分弱ではありますが、たすけあい佐賀のスタッフでボランティアという形で近隣の道路沿いのゴミ拾いを行っています。嘉瀬と天祐の事業所で行っています。
TOPへ戻る